客観的な事実だけが真実ではない時代に突入。「ポスト真実」とは。

ご存知ですか?「ポスト真実」という言葉。

私は先日初めて知りました。

オックスフォード英語辞書が毎年発表している「世界の今年の言葉」というのがあるのですが、2016年の言葉は「ポスト真実」でした。

「ポスト真実」が今年の言葉 英オックスフォード辞書 | BBCニュース

日本の流行語大賞「神ってる」が意味不明すぎたために世界の流行語をまったく知りませんでしたが、この「ポスト真実」という言葉は今の世の中を象徴した言葉なんだそうですよ。

ポスト真実とは

「ポスト」は「先」という意味なので「ポスト真実」は「真実の先」という意味です。

普通、真実というと一個しかないものだと私たちは思います。そして科学的に証明できるものであると思いますね。

しかし、最近は「客観的な事実がどうかより自分がどう感じてるかの方が大事やろ!」という流れが強くなってきているのです。

ジャーナリストの森田浩之は「事実がもはや重要ではなく、『どうでもよくなった』状況」を意味しており、「真実は死んだ。事実なんて時代遅れ。重要なのは個々の感情であり、自分が世の中をどう思うかだ」というようなニュアンスの言葉だろうと述べている。

この流れを象徴した出来事が「イギリスのEU離脱決定」と「トランプ政権の誕生」でした。

冷静に考えれば、イギリスはEUに残った方がお得だったし、トランプ氏が当選したらとんでもないことになることがわかっていました。

しかし、イギリスやアメリカの多くの人たちは客観的な判断より自分たちの感情を優先させたんですね。

イギリス「EUとか理想論語ってんじゃねーよ、そういうのもううんざりなんだよ!好きにやらせろや!」

アメリカ「世界の面倒ばっか見て超大国気取りなんてやってらんねー!俺たちは俺たちらしく生きていくんだっ!」

ロックですねー。生き方がロックです。

こういう流れがあちこちで起きているので、「今までの『真実』の先を行く考え方」ということで「ポスト真実」と名付けられました。

ポスト真実はかつて通った道

これは新しい考え方のようにも思えますが、昔は当たり前だった考え方でもあります。

科学が大手を振るうようになったのはここ数十年のことです。その前は「客観的判断に基づいた真実」なんて誰も気にしなかったんですよね。みんな自分が感じた通りのことを真実だと思っていました。

たとえば、昔は太陽の周りを地球が回っていたのではなくて、地球の周りを太陽が回っていたんですよ。

だってそう見えるから。

昔の人「どうみたって太陽が東から昇って西に沈んでるじゃん。ガリレオってバカじゃねーの。」

こうした、客観的事実を考えずに自分がどう感じているかが大事にされていたし、世界を治めていました。

それが、科学の台頭によって封殺されました。

科学「客観的な証拠があってこそ真実。理性的な判断ができないなんて猿のすることだ。」

こうした考え方が今まで続いてきたんですね。

しかし、最近は科学の限界というものが見え隠れしています。いくら科学が発展しても人々は幸せになりませんでした。むしろ息苦しく生きづらい。

1950年代には、家電が普及すれば主婦は家事から解放されると思っていたんですよ。

しかし、それが実現した今どうなっているかといえば、家事から解放されるどころか共働きが当たり前になっている。これはどういうこっちゃねん。

ということで、今また回り回って感情論に立ちもどろうとしています。

まるで季節が巡るように、歴史も巡っています。回る回るよ時代は回る。

しかし、過去とまったく同じようになるわけではありません。去年の春と今年の春がまったく同じではありません。これからどうなるかはまだわかりませんが、今までの科学技術の発展を活かしながら、人間らしさの探求へと進んでいく、というのが元哲学をやっていた者としては願うところではあります。

今はテクノロジーの発展によって世界が身近になりました。自分の考えが当たり前ではないということを毎日見聞きしますね。

たとえば、私たちが「テロリズム」と呼んでいる行為は、している側からすると「聖戦」です。

日本は「アメリカと協力してテロを撲滅する」という態度を取っていますが、過激派から見た日本は「アメリカの力に屈した弱者。」です。ジャイアンに逆らえないスネ夫といったところです。

このように、同じものを取っても真実が違うのが今の世界情勢なのですね。答えがいくつもあります。科学的には答えが出ない問題に私たちはぶつかっています。

これはまるで、漫画ワンピースで海軍が正しいのか海賊が正しいのかというようなことです。

連邦軍とジオン軍のどちらが正義なのかということです。

これまでの科学の発展で、そのできることと限界が見えてきました。

そして科学の発展によって開かれた世界が、新たな問題を私たちに突きつけてきました。

今までの真実からさらに進んだ答えを出そうとしている動きが始まった。それが「ポスト真実」の意味なのだと思います。

目指すは血液サラサラより血液たっぷり。少ない血液を酷使するより血液が働きやすい体内環境づくりが大事

人間には60兆個の細胞があります。

そのうち、血液細胞は20兆個あるといいます。

体を作る細胞の3分の1が血液なんですね。

だから「健康」といったときには血液は切っても切れないわけです。

私は、食後に眠くなってしまう問題が血流にあることに気づいて、自分なりに「血流を増やそう」と努力してきました。

http://shinyaowari.com/shake-off-sleepiness

だから、本屋でこの本がベストセラーに並んでいるのを見かけたときは「みんな考えてることは一緒なのか。」と思いましたね。

漢方の先生が書いた、血の本。

漢方には“気血”という言葉がある通り、その巡りをどうつくるかを中心に話が進んでいきます。

西洋医学はストックの話が多いですが、東洋医学はフローの話が多いですね。会社の経営にはストックとフローの両方が大切ですが、法人だけでなく個人もその両方が大切です。

ちなみに「ストック」とは「会社にどれだけお金があるか」ということで、「フロー」とは「そのお金がどう使われているか」ということです。

人に例えるなら「ストック」は「今どういう体の状態なの?」ということを表す言葉で、「フロー」は「その体でどういう生活をしているの?」ということを表す言葉です。

だからストックとフローの両方が健全でこそ会社も人も健康なんですね。

本を読んでみて気づいたのですが、これは「女性向けに書かれた本」ですね。女性の体の特徴に配慮して書かれています。

しかし、男性でも参考になる点が多くあります。

「血液細胞は20兆個もあるんだよ」というのもその1つです。血についてのいろんな知識を得ることができます。

いろいろ書いてありますが、本の核心は「血液を作る体質を作る」「血液を増やす」「血液を流す」ことの3つが血流を良くする方法なんだということです。

血流を良くする方法

1.血液が作られる体質を作る

2.血液を増やす

3.血液を流す

私が今まで間違っていたのは、「血を流そう」とばかりしていたことです。

よく「血液サラサラがいい」といわれます。私もその考え方を知ってから水をたくさん飲んだりしてましたが、考えが行きすぎていつのまにか「停滞している怠けモンの血さえ流れるようにすればええんや!働け!」という考え方になっていました。血液をビシバシ働かせれば体全体の利益になるんだと。

しかし、これではまるで、少ない人数で長時間労働をさせるブラック企業ならぬブラック個人です。

ビシバシ働かせるだけでは根本の問題解決にはならないのだと、本を読んでわかりました。

大切なのは「血液を流す」ことだけではなくて、「血液を作る」ことと「血液を増やす」ことです。

なんと、女性の9割は血液が足りてないそうですよー(他人事)

ではどうすれば良いかというと、まず「血液が作られやすい体質」を作って、そして「血液を増やすための原料を十分に摂る」ことです。

その上で「血液がよく流れるようにする」努力をしてこそ、健康な体ができ、健全な経営ができるということです。

詳しくは本書を読んでいただきたいですが、一つ挙げると、血液を増やす原料にはたんぱく質が大きく関わっているそうです。

まあ体がたんぱく質でできているのだから、体の3分の1を占める血液もたんぱく質ですな。

だから、たんぱく質は十分に摂ったほうが良いのですが、近年はその摂取量が減っているらしいのです。

戦後、私たち日本人の食生活は劇的に変わり、たんぱく質の摂取量は増え続けていました。ところが、近年になって過度のダイエットや偏食傾向の影響で、たんぱく質の摂取量は激減!今や1950年代と同じくらいまで落ち込み、摂取するべきたんぱく質の量が摂れていない人も増えているのです。

過去に草食系がはやったせいでしょうか。20年前には1日あたり81.5gも摂っていたのがどんどん減り続けているそうです。

「もっと肉食いましょ」と本で言っていました。

ただ肉も高いですからね、出費との兼ね合いも考えて、私はプロテインも使ってます。


↑とりあえず安い。おいしくはない。

おわりに

血流が良くなると、顔色が良くなったり、髪の毛の質も良くなります。

活動的にもなりますね。

あと頭に血がちゃんと供給されるので、頭の回転も速くなります。

本には「精神的にも良い」と書かれています。脳に血液が回るということは、神経伝達物質もよく巡るということで、それで精神的にも良いんですね。

血がよく流れるだけでいろいろなことが変わるんだ、ということが本書の主張でした。

考え方が違うと文章の書き方も変わる。日本と欧米の本を何冊か読み比べて感じたこと。

月額980円で本が読み放題のキンドルアンリミテッドが登場したり、本とカフェが一緒になった「book & cafe」ができたりと、最近はお金を使わなくても本が読みやすくなりました。

いろんな本をかじっていると思うのは、「日本と海外で文章の型が違うな」ということです。

実用書に限ると、洋書はとても「実例が多い」です。

筆者の主張に対して「こういった例がありますよ」というエピソードをこれでもかというくらいたくさん盛り込んできます。

それがたいてい実在の人物や組織で、日本人からしたら誰なのかわからない人も多いのですが、「彼らははじめはうまくいかなかったが、こういうことをしたらうまくいったのだ。」という成功体験がハリウッド映画仕込みの描写力でいくつも並べられていきます。

超具体的な例ばっかり連続して並べてくるので、真剣に読み続けていると頭が痛くなってきます。まるで肉ばっかボンボン出してくるようにすげーボリューミー。お腹いっぱい。

かたや日本の実用書には具体的な実例が並べられることがあまりありません。出てくるときも実名は伏されます。わりと低カロリーでヘルシーです。

なんでこうした違いが出るのかということを考えたのですが、日本は「人」が中心にあって欧米は「法」が中心にあるからなんだと、そうした根本的な考え方の違いがあるからなんだという結論に行き着きました。

日本では、何かの教訓を得る時、教訓からではなくて、人を中心にもってきます。

“人”を中心に持ってきてそこから「人生の教訓」だとか「生きる目的」といったものを“肌で感じる”ような作りになっています。

たとえば、『プロジェクトX』もそうだったし『情熱大陸』も、人を主題にして、視聴者はその人からいろいろなことを学ぶといった方法をとります。

欧米は逆で、“法”が先にきます。

先に「人生の教訓」「生きる目的」みたいなものを提示して、そこから同じ教訓で生きてうまくいった人を列挙していく。

こんな違いがあります。

面白いですね、考え方の違いで表現にも大きな違いが生まれます。

本を読みながら文化の違いを感じたので、記事にしてみました。

ストーリーは機械には作れない。自分の中にストーリーを見つけよう

なぜ人は優れたストーリーに心が動かされるのでしょうか。

すべてのストーリーは極論すると、「作り上げられた環境や圧力」VS「そこから自由になりたい情熱」のぶつかり合いによって生まれます。

極めて人間的な都合同士のぶつかり合いなので、これから様々な分野で自動化が進んでいくとしても、ストーリー作りはアナログでし続けられるでしょう。

ですから、これからの時代を生き残るには、リアルだとしてもフィクションだとしても、ストーリーを見つけられるかが鍵になるだろうと思います。

続きを読む

少し良いものを買ったほうが、結果的に節約できる

節約するために、お金を基準にして考えると気持ちがついていかないということがわかりました。

節約というのは、極論すれば「金さえ使わなければ良い」ということなので、削ろうと思えばどこまでも削ることができます。今は安くて品質もしっかりしているものがたくさんあります。

しかし、それで自分が満足できるかというと、そうではありません。

満足できていない気持ちは、どこか別のところで埋め合わせをしようとします。

節約のために無理をしていると、ときどきパーっと使いたくなる衝動にかられる時があります。

それで結局節約になっていない、そんなことになります。

これはたとえるなら無理してダイエットしてリバウンドが起こるようなものです。とにかく数字にこだわって痩せても、そこに気持ちや体質がついていっていない場合、思わぬしっぺ返しを食らうことになります。

お金も体重も、数字より気持ちを大切にすべきですね。

無理して節約を失敗した話

私は毎月の出費の中で、家賃の次に大きいのが食費です。家賃は固定費なので引っ越さない限り減らすことはできませんが、食費は工夫次第で減らすことができます。

私は以前、どこまで食費を減らせるかチャレンジしたことがありました。

男はときどきこういうわけのわからないことをしたがるものなのですよ…。

何を減らせるかと考えて、目に付いたのが米びつ。私は料理をあまりしませんが、いつもお米は炊いているので、米代を減らすだけでかなりの節約になります。

「究極的に安い米を探そう」

そうして米探しの旅が始まりました。店舗をいくつも回りましたが、安くても5kg1600円くらいが相場。業務スーパーの1500円が限界。もうダメかと思ってネットを調べたところ、次元が違いました。安いものを探すと出てくる出てくる。

そして見つけたのが30kg6000円台のお米でした。

「5kg1000円…」

ヤバい米かもしれないとレビューを見ましたが、みんな「美味しい」と書いている。割れている粒やシラタ(白くなったお米)が多いけど値段を考えたら良い品だと。そこでポチってみました。

数日後、佐川のお兄さんがゼエゼエ言いながら届けてくれました。

すいません、興味本位で30kgも持たせてしまって。

さっそく炊いてみました。炊きあがりは、もっちりしてるとか、粒が立ってるとかは、まったくない。むしろパサパサしている。ご飯として食べるよりチャーハンにしたほうが美味しいんじゃないか、そんなお米でした。

でも、これで食費が浮くなら良いだろうと、30kgがなくなるまで毎日そのお米を使うことにしました。

しかし、だんだんそのままで食べるのが苦痛になってきました。何かと混ぜないと食べたくなくなる。しまいには「家に帰ってまたあの米を食べるの嫌だな」となって外食が多くなってしまいました。

おいしいお米にある甘みや食感の楽しみがまったくなくて、ただ炭水化物の塊を胃に放り込んでいる作業になっていました。

きっと、あの米は育ち盛りのお子さんがいるご家庭や、増量中のアスリートにはぴったりだと思います。

しかし、これ以上育ちようもない私の体には合いませんでした。

それでお米を変えました。コシヒカリに。すると食事が楽しくなり、外食が減って結果的に食費も減りましたとさ。

おわりに

私は昼食用におにぎりを作って持っていくことがありますが、真夏、前の晩に炊いたご飯を持っていったら昼過ぎにはちょっと嫌な臭いがしました。

「そんなの当たり前だろバカだな」と思われるでしょうが、30kg1000円の米では腐らなかったんだよね…。

そのせいで「ご飯は常温でも1日もつ」という先入観が私の中にできていたのでした。黄色ブドウ球菌も食べたがらない米。あの米はほんと強い、間違いない。

なんでもそうですが、自分に合うものが一番です。食べ物も自分の口に合うものが一番です。レビューでいろいろ書かれているのだとしても、それが自分にも当てはまるかといえばそうでないこともあります。

結論は、「値段は少し張っても自分に合うものを選ぶことが、体にも心にも財布にも優しい。」

次から次へと面白い企画を思いつく秋元康の考え方

秋元康は「売れる企画」を考えることがうまい人です。

今の印象としては“アイドルグループのプロデューサー”という面が強いですが、それは秋元康さんが秋葉原が好きだとか乃木坂や欅坂といったの“坂フェチ”だからなのではなく、かつては演歌をプロデュースしていたこともありました。

その哲学は「人は素人っぽいものを好きになった後には玄人っぽいものを好きになる」というところにあり、つまり時代に合わせて人の興味が変わるから、それに合わせてウケるものを送り出しているだけだということです。

だから、今はアイドルが熱い時代で毎日ライブをやっても人が集まりますが、この先アイドル熱が冷めてくるようなことがあれば、また演歌を作ったりもするということですね。

まるで季節によって作るものを変えている農家のような考え方です。

しかし時代は変わっていっても、面白いものを作る核は変わらないといいます。本で紹介されていたので少しご紹介します。

続きを読む

日本には風刺の文化がないから若者が政治に関心を持たないという仮説と、風刺の代替え案

日本の若者は政治に対する関心が低いといいます。

投票率を見ても、選挙に行くのはおじさんおばさんばかりなので、政治家はおじさんおばさん向けの政策を打った方が選挙で当選しやすいと考えています。

そうするとさらに若者の政治に対する関心が薄れる。このような悪循環があります。

欧米では若者の政治に対する関心が比較的高いです。スウェーデンでは30歳以下の投票率が80%を超えます。

続きを読む

自動化の流れはコミュニケーションをスムーズにするだろうと思った出来事

グーグル翻訳アプリがリアルタイム翻訳に対応しました。

スマホ版「Google翻訳」でカメラのリアルタイム変換が可能に またGoogleが未来を実現してしまったか……

これは、アプリを起動してからカメラで英語を写すとその場で翻訳されるというもの。


ねとらぼ

しかし精度はまだまだのようで、ツイッターでは面白翻訳が出回っています。

続きを読む

今と昔では買い物に至る行動が異なる。アフィリエイトは時代に合わせてやろう

アフィリエイトやるって人に覚えておいていただきたいのが、「昔と今では何かを買うに至るまでの行動が異なる」ということです。

昔は、新商品が開発されるとテレビやCMで大きく宣伝し、それを見た人が商品名を覚え、買い物に行った時に「あ、CMでやってた商品だ。買ってみよう。」となって買う、というのが普通でした。

でも今は、店頭にCMで流れていた商品があっても「あ、CMでやってた商品だ。本当にいいものなのかスマホで調べてみよう。」となるのが普通です。

今と昔では消費者の感覚が違うので、個人でアフィリエイトをするときには、ただ商品の紹介をするだけでは売れません。

Googleによると、2011年時点で消費者は平均10個以上のソース(情報源)から参考になる情報を見た上で店頭に足を運んでいるといいます。

今は情報がすぐに拡散する時代なので、CMや広告欄といった「マス広告」のように「どこで伝えるか」はあまり重要ではなくなりました。それより「何を伝えるか」が重要になっています。

良い情報は勝手にどんどん広がっていく時代です。それと反比例して大勢に商品名やサービスを認知させるだけではなかなか売れなくなってきています。

ですから、アフィリエイトをする人は、消費者が「これはほんとうにいい商品なのか調べてみよう。」となったときに探している情報を提供する、これを狙っていくことがポイントです。

「いかに良い情報をたくさん伝えるか」を核にして活動を続けるのがコツになります。

以下は、余談です。

私はCMを見たせいで避けていたサービスがあります。

それは映画の『バイオハザード』です。

バイオハザードはゲームがはじめに作られて、その後に映画化された作品です。

私が中学生のとき「なにやらすごいゲームがある」という噂を聞いて、ふだん遊びに行かない部活の後輩の家に遊びにいってプレイさせてもらったのが、初代『バイオハザード』でした。

衝撃でした。

人のいない洋館を探索していると、扉の向こうで物音がする。

扉を開けると廊下になっていて、突き当たりで人影がユラユラ動いている。

(うわぁ。これ絶対ダメなやつでしょ。)

近づくと画面が真っ暗に。

プレステがジー、ジージーと音を立てながら次のシーンを処理しています。

そいでパッと画面が切り替わるとムービーが流れます。ボロを着て肌が変な色をしている人間の後ろ姿が映し出され、何かクチャクチャ食ってるわけです。そいつが振り返る。

急に戦闘シーンになるのでこっちはパニック。

操作をミスります。ゾンビはゆっくりこちらに歩いてきて噛みついてくる。気持ち悪すぎてとりあえずレバガチャ(ボタンをめちゃくちゃに押すこと)したらゾンビが離れたので逃げる。

追ってくる。逃げるが壁にぶつかる。捕まる。振り払う。

後輩爆笑。

ゾンビはゆっくり歩いてくるんだけどそれがキモいんです。衣擦れの音や力なく唸る声が恐怖を掻き立てました。

これがバイオハザードの原体験です。

それ以来、プレステのジージーいう音が鳴るたびにビビるようになってしまいました。

だもんだから、映画のCMを見た時に「は?」ってなっちゃったんですよね。

ゾンビも主人公もとっても元気いっぱい。

ゾンビはヒャッホーてなノリだし、主人公も無敵すぎるし、音楽も映像も「とりあえず盛っとけ」といったラーメン二郎ばりのハリウッドテンプレートが「これじゃない」感でいっぱいでした。

(ああ、これはミラジョボビッチを売る込むための宣伝なのだ。)

CMを見てそう思っていらい、今まで映画は一作も見たことがありません。

あれから何年たっただろうか。

ひょんなことから映画『バイオハザード』が好きな妹と、映画を観にいくことになりました。

あまり期待はしていませんでしたが、観てみると、そこまでつまらなくもない。これはこれでありかな、と思いました。

もしCMであそこまで盛らず、別の媒体で「バイオのゲーム好きの人に向けた映画の広告」といったコンテンツがあったら、私は観ず嫌いをせずに観にいったかもしれません。

こういうことはよくあるのだと思います。だからそれぞれに合わせたコンテンツというものが必要になってきます。今は多様性の時代だしね。

食後すぐに自転車に乗ると逆流性食道炎になる可能性

食事の後に運動したい、という方は多いと思います。

私も食べてすぐに眠くなってしまう人なのでなるべく動くようにしています。

私は東京住まいなので、移動に自転車を使うことが多いです。山手線内なら電車で行くのと時間がさほど変わらないからです。

しかし、食べた後に自転車に乗るのは止した方が良いことがわかりました。

続きを読む